• すっぽんの生き血は精力剤になるのか

    2016年11月16日

    すっぽんはアジアを中心に広く生息する亀の一種で、柔らかい甲羅が特徴です。一度噛み付いたら雷が鳴るまで放さないと言われ、精力的な生き物の代表のように考えられています。そのため精のつく食物のひとつとして、昔から多くの人に愛用されてきました。日本でも縄文時代の貝塚から、すっぽんの骨が発見されています。主に...

    記事の続きを読む